news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/03/20

Pixel 5(仮)はSD 765G搭載のミッド向け5Gスマホに? – Engadget 日本版


米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 5/Pixel 4a(どちらも仮称)」に関する噂が、海外にて伝えられています。もしかすると、Pixel 5はフラッグシップモデルにはならないのかもしれません。 YouTubeチャンネルのTecnoLike Plusが公開前のグーグル純正カメラアプリから入手した、今回の情報。そこにはPixel
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-20-pixel-5-sd-765g-5g.html
2020/03/20 22:00

AI、ICTで介護計画 宮崎市と3社研究へ


 宮崎市は、人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)を活用して介護分野の課題解決を図ろうと、県内外の民間事業者3社と共同研究に乗り出す。高齢者の歩行・口腔(こうくう)機能の評価をテーマに、事業者の持つ …
https://www.47news.jp/localnews/4632799.html
2020/03/20 20:21

Pixel 5(仮)はSD 765G搭載のミッド向け5Gスマホに? – Engadget 日本版


米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 5/Pixel 4a(どちらも仮称)」に関する噂が、海外にて伝えられています。もしかすると、Pixel 5はフラッグシップモデルにはならないのかもしれません。 YouTubeチャンネルのTecnoLike Plusが公開前のグーグル純正カメラアプリから入手した、今回の情報。そこにはPixel
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-20-pixel-5-sd-765g-5g.html
2020/03/20 18:58

Pixel 5(仮)はSD 765G搭載のミッド向け5Gスマホに? – Engadget 日本版


米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 5/Pixel 4a(どちらも仮称)」に関する噂が、海外にて伝えられています。もしかすると、Pixel 5はフラッグシップモデルにはならないのかもしれません。 YouTubeチャンネルのTecnoLike Plusが公開前のグーグル純正カメラアプリから入手した、今回の情報。そこにはPixel
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-20-pixel-5-sd-765g-5g.html
2020/03/20 18:30

Pixel 5(仮)はSD 765G搭載のミッド向け5Gスマホに? – Engadget 日本版


米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 5/Pixel 4a(どちらも仮称)」に関する噂が、海外にて伝えられています。もしかすると、Pixel 5はフラッグシップモデルにはならないのかもしれません。 YouTubeチャンネルのTecnoLike Plusが公開前のグーグル純正カメラアプリから入手した、今回の情報。そこにはPixel
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-20-pixel-5-sd-765g-5g.html
2020/03/20 17:59

ジャストシステム、人工知能(AI)&ロボット月次定点調査の19年総集編 – BCN+R


ジャストシステム(関灘恭太郎社長)が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」は、全国の17歳から69歳の男女1100人を対象に「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査」を、17年6月から毎月1回実施している。
https://www.bcnretail.com/market/detail/20200320_163335.html
2020/03/20 15:14

ジャストシステム、人工知能(AI)&ロボット月次定点調査の19年総集編(BCN) – Yahoo!ニュース


ジャストシステム(関灘恭太郎社長)が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」は、全国の17歳から69歳の男女1100人を対象に「人工知能(A
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00163335-bcn-sci
2020/03/20 15:00

AIはどこまで人間に近づくのか――人工知能が「創造性」を持つまで(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)


「2020年、もしも、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を描くだろう?」というコンセプトのもとに生まれたプロジェクト「TEZUKA2020」。この驚愕の試みによって、「AI手塚治虫」は一遍の新作を生み出し、漫画雑誌「モーニング」誌上で発表された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70702
2020/03/20 12:20

音の多様性は都市に生きる人の行動にどのような影響を与えるのか? | モリカトロンAIラボ


ALife研究者によるスタートアップ、オルタナティヴ・マシン社を訪ねるインタビュー。前編「生物が”音の棲み分け”をする環境を、ALife研究者が再現する理由」では、ANHを開発する発端となった生体音響学者による「音のニッチ仮説」から音が人をふくめた生物に与える影響、としてサウンドスケープを自動生成するために実装した遺伝
https://morikatron.ai/2020/03/alife_anh00_02/
2020/03/20 11:02

加フードデリバリー企業foodraが配送ロボット企業Tiny Mileと提携 – ROBOTEER(ロボティア)


カナダのフード配達サービス企業・foodraが、トロントのロボット企業・Tiny Mileと提携したと発表した。Tiny Mileはfoodraに小型配達ロボット「Geoffrey」を供給する。Geoffreyは重さ10ポンド(約4.53kg)と非常に軽量。カナダでは非接…
https://roboteer-tokyo.com/archives/15515
2020/03/20 11:30

ゲーマーの脳と目の動きを軍事ロボット&AI開発に活用か…DARPAが研究支援 – ROBOTEER(ロボティア)


最新鋭の人工知能(AI)およびロボットを開発するため、ゲーマーの脳波と目の動きを研究しようという動きがある。米国防高等研究計画局(DARPA)は、ニューヨーク州立大学バッファロー校のAI研究チームが行う同研究のため、31万6千ド…
https://roboteer-tokyo.com/archives/15510
2020/03/20 10:52

ABBがAIスタートアップ・Covarientと提携…倉庫用ピッキングロボット開発に拍車 – ROBOTEER(ロボティア)


スイスの産業用ロボットメーカー・ABBが、人工知能スタートアップ・Covarientと提携。EC企業の物流センターでさまざまなタイプの商品をピッキングすることができるAIロボットの開発を進める。Covarientは2017年に、Pieter Abbeel氏(U…
https://roboteer-tokyo.com/archives/15506
2020/03/20 10:15

意識とは何か──唯心論への回帰から考える|WIRED.jp


17世紀にデカルトとガリレオが意識を実証的研究に適さない主観的な現象と見なしたことで、科学技術の進歩と引き換えに、心を巡る問題は棚上げされてきた。「意識のハードプロブレム」はいまだ解決されず、心は自然界のあらゆる場所に存在するとする汎心論から、意識が世界の根本を成すと位置付ける唯心論まで、あらゆる理論が生まれている。
https://wired.jp/membership/2020/03/20/do-we-have-minds-of-our-own/
2020/03/20 07:00

AIはどこまで人間に近づくのか――人工知能が「創造性」を持つまで(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)


「2020年、もしも、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を描くだろう?」というコンセプトのもとに生まれたプロジェクト「TEZUKA2020」。この驚愕の試みによって、「AI手塚治虫」は一遍の新作を生み出し、漫画雑誌「モーニング」誌上で発表された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70702
2020/03/20 06:45

臨時休校の子供たちに新学期から必修の「プログラミング」を伝授  – M&A Online


臨時休校で退屈する子供たちに向け、多くの教育関連企業が自社の製品やサービスの無償提供に踏み切ったが、ここにきて新学期の準備に向けた動きも現れてきた。いくつか事例を拾ってみると。
https://maonline.jp/articles/programming_coronavirus20200320
2020/03/20 05:53

AIはどこまで人間に近づくのか――人工知能が「創造性」を持つまで(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)


「2020年、もしも、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を描くだろう?」というコンセプトのもとに生まれたプロジェクト「TEZUKA2020」。この驚愕の試みによって、「AI手塚治虫」は一遍の新作を生み出し、漫画雑誌「モーニング」誌上で発表された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70702
2020/03/20 05:50

マイケル・オズボーン教授に聞く:AI導入は不幸か救いの神か:日経ビジネス電子版


AI(人工知能)が人間の仕事の多くを奪う未来が迫っている。AIと雇用、人間社会の未来について、英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授に聞く。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00123/00046/
2020/03/20 00:02

クルマの対話型AI 悩むトヨタに焦るホンダ:日経ビジネス電子版


スイッチなどの操作が不要で、運転者が話すだけでクルマの各種機器を操作できる技術が普及し始めた。先行するのはドイツメーカーで、対話型AI(人工知能)を搭載した市販モデルを相次ぎ投入している。一方でトヨタ自動車やホンダは欧州勢に比べ出遅れ気味。量産車に搭載するためのコストダウンなどが課題だ。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00109/00067/
2020/03/20 00:01

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です