掲載中の作品

荒野を歩きました

初めて森を見たときは影が多くて、木は暗くて虫がいっぱいで、草は青くて見えなかった。

私は喉が渇いていて、木が大きくて飲ませてくれるほどではありませんでした。

太鼓の音が聞こえてきて、歌が聞こえたような気がしました。 しかし、太鼓の音は少し耳に近すぎました。

体が温まるのを感じて、街に帰りたくなりました。

芝生の上に座ってしばらく横になっていると、隣に誰かが座っていることに気がつきました。

それは私の母でした。

目を開けると、私は母の膝の上にいました。 母は微笑んでいました。 最初は夢だと思って起きようとしましたが、起きられませんでした。

母が “ハクナマタタ “と言って、私は “ありがとう “と言った。

最初はただの夢だったけど、そうなって欲しくなかった。

ママの腕の中にいたかった。 母の腕の中にいたかった。 母の腕の中にいたかった。

母と話そうとしたが、何も言えなかった。

母を見て “ありがとう “と言った

すると母は微笑み、微笑み、微笑みました

Photo by Fab Photos Canine et Sportive

荒野を歩きました

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。