掲載中の作品

真っ暗な神殿でした

暗くて不気味で寂しい部屋。

影が濃く、影になっていた。 寺院は薄暗く照らされていた。

そして床には古くて曲がった本が散らばっていて、その多くは高い祭壇の上に投げ捨てられていました。

巫女が手に持っていたのは、装飾の施された杖だった。 その杖は白くてねじれていました。

祭司が聖水を持つのと同じように、彼女はそれを持っていました。

彼女はそれを慎重に高い祭壇の上に置きました。

“巫女よ、万歳 “と巫女は言った。

“巫女よ、万歳 “と司祭は言った。

“万歳 巫女さん”

“神父様万歳”

黒猫が祭壇の上を滑った 一瞬にして飛び上がって 駆け寄ってきました 巫女は猫の尻尾を掴んで追いかけました

巫女は走った。

彼女は猫に向かって走った。

物陰の隙間に向かって走った。

声のする方へ走った

開いた扉に向かって走った

声のする方へ走った。

鍵のかかったドアに向かって走った。 彼女はドアを開けました

暗闇の中へと走っていった。

彼女は暗闇の中へと走った。

暗闇から逃げた。 彼女は暗闇の中へと走っていった。

Photo by Crown Star Images

真っ暗な神殿でした

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。