掲載中の作品

吾輩は猫である。

トイレに行ったら、赤ちゃんがいた!

私はとても興奮していました。

ここだ!と思いました。

赤ちゃんがトイレにいました。

かわいかったです。

とっても嬉しかったです。

名前をつけなきゃ!

その子が誰なのか、よくわかった。

赤ちゃんの名前は「バブー」と呼ばれていました。

今では赤ちゃんになりました。

私は猫です。

私にはまだ名前がありません。

どこで生まれたのかも知らない。

覚えているのは、じめじめした暗い場所で泣いていたことだけです。

人間の姿を見たのは初めてでした。

後に聞いた話では、人間の中でも最も獰猛な存在だったという。

フェミニストの問題であるアファーマティブ・アクション

今日の私は赤ちゃんです。

私は猫です。

まだ名前がない。

どこで生まれたのかもわからない。

覚えているのは、じめじめした暗い場所で泣いていたことだけです。

人間の姿を見たのは初めてでした。

後から聞いた話では、人間の中で一番獰猛だったらしい。

アジアの問題であるアファーマティブ・アクション

私は赤ちゃんです。

私は猫です。

私はまだ名前がありません。

自分がどこで生まれたのかもわからない。

で泣いていたことだけは覚えています。

Photo by AJ in the 52nd

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。