掲載中の作品

魔法陣が光った

その瞬間、魔法陣から黒いシルエットが出てきた。 雪のように白い顔をした非常に背の低い太った男が、長い黒髪を腰まで下ろして、動かずにそこに立っていた。 黒いドレスを着て、黒い靴を履いていた。 黒い帽子をかぶっていたが、それは古い黒い帽子だった。

彼がパーティーに来るのは初めてだった。 彼は長い間、この日を探していたのだが、その日は、彼が招待されていたパーティーのための魔法陣を初めて見た日だった。 もし彼が剣を持ってこの黒い男に近づこうものなら、黒い男はおそらく理解してくれないだろうと彼は知っていた。 彼は礼儀正しく近づかなければならなかった。

“こんにちは 友よ” 男は言った “初めて来たんだろう? “質問があるんだが”

“何かご用ですか?” 男は言った “私は新人ではない”

“そうか “新しい友達を探している” 男は言った “自分の居場所がわからないのかな?”

男は今目の前に立っている男を見た。 彼は彼を見て、彼が黒髪の長い、背の高い男であることを伝えることができました。 彼は鍛冶屋のように見えた

Photo by jpellgen (@1179_jp)

魔法陣が光った

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。