掲載中の作品

アルコールの継続的な摂取は分子レベルで人体に悪い影響があることが…

工学の学士号を取得し、機械工学の学士号を取得した。 トロント大学での講義として発表されました。 工学副学部長のT.R.モハンティ博士は、「アルコールを飲んでも飲酒運転にはならないということは非常に重要なことです。 摂取するアルコールの量と事故に遭う可能性との間には関連性があります。 飲めば飲むほど、事故に遭うリスクが高くなるのです。 アルコールは事故の原因ではなく、症状です。 私たちは、運転能力に悪影響を及ぼす可能性のある脳化学物質に関連した遺伝的障害を持っている人のごく一部の人たちの話をしていることを覚えておく必要があります

Photo by Alaskan Dude

アルコールの継続的な摂取は分子レベルで人体に悪い影響があることが示された。
スタンフォード大学が30日にわたって毎日30Lのアルコールを摂取したグループとそうではない通常のグループの車両運転テストの結果によると、アルコールを毎日摂取したグループは、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。