掲載中の作品

現在の日本においてASDと診断されたまたは疑いがもたれる2才児の親が…

日本は、乳幼児や小さな子供向けの必要のない飲食物の販売を禁止することを決定し、子供の食生活の安全について親が責任を持って対応しなければなりません。

厚労省は子供の健康を守るため、生後6ヶ月未満の子供を対象とした飲食物の販売を全面的に禁止する。

月曜日に発表されたこの方針は、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、自動販売機などの小売店で販売されている飲食物を、生後6ヶ月になるまで子供に販売しないことを意味しています。

大きめのサイズの子供のために、飲食物は製品の製造元の小売店でチェックを受けなければならない、と厚生省は述べた。

必要のない飲食物の販売禁止は、生後4ヶ月未満の子供の場合、タンパク質を十分に摂取していないと、栄養不足に陥る可能性があることを発見した、日本のトップの厚生省による最近の勧告の結果として来ている

Photo by Like us on Facebook at CAGuard

現在の日本においてASDと診断されたまたは疑いがもたれる2才児の親が、今後とるべき行動を時間軸で説明していくと

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。