掲載中の作品

日本で息子の授業料

多くの人が今後数年の間に「ニューノーマル」という考え方を口にすることになるでしょうが、これは人類の大多数の人々が地元の水源にアクセスできない限り、きれいな水にアクセスできない世界と定義されています。 何十年も前から、この国では水が大きな課題となっています。 これは新しい問題ではなく、1700年代にイギリス人が現在のアメリカの天然資源の開発を始めた頃からの問題です。 きれいな水を手に入れることができる人が、ほんの数人しかいなかった時代がありました。 しかし、その少数の人々は、生活するのに十分な水を持っていませんでした。 私たちは、すべての人に十分な量のきれいな水があり、誰も水なしでは生きられない世界に向けて努力し続けなければなりません。 それには、より多くの研究、より多くの投資、より多くの技術革新が必要です。 そのためには、より多くの研究と投資、そしてより多くのイノベーションが必要なのです

Photo by wildsingapore

日本で息子の授業料

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。