掲載中の作品

ある夜の話だ。

死後検死だ

私は死にかけていることを知っていました、こうなることも知っていました。 しかし、それでも、私は助けることができませんでしたが、私は死にたくないと感じていました。 痛みを許すつもりはなかった、私は進み続けようとしていた。

私の手は彼の胸に伸びた。 彼の心臓の鼓動を感じることができましたが、私の手には痛みを感じることはできませんでした。

目が覚めないことはわかっていた。 先に進むしかないと思っていました。 続けるしかないと思っていた。

痛みが続くことを知っていました。 痛みが私を悲鳴に変えることを知っていました。

体はまだ動いていたが、彼は息をしていなかった。 彼は足の痛みを感じたとき、足から血が抜けるのを感じたとき、呼吸を止めていた。

私は、彼が自分が死にかけていることを知っていたことを知っています。

私は、彼が痛みを意識していたことを知っています。

体に痛みがなかったことを知っています。

足の痛みも、腕の痛みも、胸の痛みも、腹部の痛みも、頭の痛みもなかったことを知っています。

痛みは止まっていたが、心の痛みはなかった。

しかし、その時、私は知った。 死ぬときの気持ちがわかった。 その感覚を知っていた

Photo by cseeman

ある夜の話だ。風は吹いていない暗闇。自転車のヘッドライトの灯りだけが、現在地をかぼそく照らしてくれる。筋肉はきしみ、息は軽く切れかかっている。「生きているという実感だけが確か」。耳につけているイヤホンからは般若。聴いているというより、全身で踊っているかのような具合だ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。