掲載中の作品

老眼で文字が見えない

これは答えではありません 「あなたの言う通りだと思います」と言っているだけです この本のどれだけの量が私の耳の片方に 腸を突っ込まれたような気分にさせてくれるのか 冷たい水を一気飲みしなければならないほどです そこに、私はそれを言った。

私はこの本を愛していると言うのは少し恥ずかしい。つまり、好きなんだ。病気になるかもしれないと思っても読むのを止められないほど良い本は滅多にないわ 私は知っています。

夫のことを書いたという意味では、私にとって深い個人的な本であり、自分のことを書いたという意味では、片思いの人の考えを書いた本です

Photo by Sinclair’s

老眼で文字が見えない

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。