掲載中の作品

人はなぜ死ぬのを恐れるのか、どんなことをしようとしても必ずしも人…

もしあなたが死を恐れていないのであれば 自分は絶対に死なないと信じていれば、必ず後悔し、チャンスを失ったことになります。

私たちは決して死を恐れていません。死は人生の一部であることを知っているので、それを避ける方法を常に考えています。私たちは死にたくないので、死にやすくする方法を考えます。

死ぬことを恐れていると、必ず後悔することになり、チャンスを失ったことになります。

しかし、死ぬのが怖くなければ、必ず後悔することになり、チャンスを失っていたことになります。

死を望まないのであれば、死を願うことはありません。死を楽にしたいと願うならば、死を楽にするためにできることは何でもするでしょう。

死を楽にする方法がないのであれば、どんなに逃れることが困難であっても、死を楽にする方法を常に考えるようになります。

死ぬことが怖ければ、必ず後悔することになり、チャンスを失ったことになります

Photo by ell brown

人はなぜ死ぬのを恐れるのか、どんなことをしようとしても必ずしも人間には死はやってくる。常に生死の狭間に我々はいるのであり、いつ死んでもおかしくないというのに、いざ死ぬのを覚悟するとなると、もっと生きたいなどとほざき始める。本当に憐れな生き物よ…

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。