掲載中の作品

「完璧な文章などといったものは存在しない。


結局、これしか道はないということに気がついた。少なくとも答えは見つかった。しかし、自分のやりたいことを説明することができないという真実に直面しました。
“その日を境に、アカデミーに背を向けることを決意し、フリーランスの作家として活動を始めました。最初の小説をネットで発表したら、大手出版社からオファーが来るようになりました。でも断ったんです。アカデミーの怖さに嫌気がさしていました。”そこからどこに行けばいいのか 分からなかった”
“以前と同じように小説を書き続けたが、同じ理由で次第に興味を失っていった。嘘と嘘と嘘の餌食になっていて、それが自分を殺していたんです。自分のやりたいことを説明するのが嫌だったんです。だから辞める決断をしたのです。恐怖と向き合う代わりに、逃げることが簡単になっていることに気づいたのです。”
“私は実家の農場で人生の時間を過ごしました。父と一緒に働いて家畜を売っていました。私は農業が上手になっていました

Photo by ashokboghani

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」
 僕が大学生の頃偶然に知り合ったある作家は僕に向かってそう言った。僕がその本当の意味を理解できたのはずっと後のことだったが、少なくともそれをある種の慰めとしてとることも可能であった。完璧な文章なんて存在しない、と。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。