掲載中の作品

ある晴れた日の午後、太郎は花子の様子を見に河川敷まで出かけた。

“ねえ、花子。何してるの?”

花子はブランコを止めて小さく微笑んだ。”あ、太郎君。今、スイングの練習をしているところだよ。”

太郎も同じように微笑んだ。”スイングの練習?”思いっきり野球を打ってみたら?”

花子は少し顔を赤らめた。”えっと… いや、私は野球が好きなんですよ。”昔から好きだったから”

太郎は笑った。”昔から軟式野球をやっていたんですね”

“そうだけど、野球の方が好きなんだ”

“そうなんですか “野球が好きで楽しんでくれてよかったね”

“花子は微笑んで太郎を見上げました “太郎君、ありがとう。太郎君の励ましの言葉が大好きだよ」。

太郎君も微笑んでいました。”その言葉を聞くのが好きだよ”

“そうだね、気が楽になるよ”

“花子の笑顔を見て” “どう思ったんだろう?” “そうだよね

“そうやって笑うと かわいいよね”

花子は少し赤面した。”えっと…えっと…えっと…えっと……. えーっと・・・太郎君、ありがとうございます。”

太郎君は笑った。”あ、どういたしまして。さて、練習場に連れて行こうか?”

花子は少し顔を赤らめた

Photo by Jules & Jenny

ある晴れた日の午後、太郎は花子の様子を見に河川敷まで出かけた。花子はソフトボール部に所属しており、4番打者の大役を担っている。練習の開始時刻まではだいぶ時間があるにも関わらず、花子が自主練に汗を流すのはいつものことだ。太郎は素振りに精を出す花子を見つけ、さっきの話の続きをしようと駆け寄った。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。