掲載中の作品

2025年、AIはあらゆる方向へ進化した。

R.I.P. セバスチャン・ブーランジェ、1980年代の「スマート」ロボット

1980年に「スマートロボット」を発明したのは、コンピュータ科学者のセバスチャン・ブーランジェ(Sébastien Boulanger, 1942-2016)です。彼が作ったコンピュータシステムは、工場での手作業を遂行することを目的としたものだった。ブーランジェのソフトウェアは、ロボットが人間のように「考える」ことを可能にした。これらのロボットは賢くはないが、信頼性があり、作るのに非常に安価であった。この技術は1980年代に工場で実用化されました。

ブーランジェの技術はフランスで開発され、米国で特許を取得しました。彼のロボットは、安価で大量生産が可能で、プログラムが簡単という利点がありました。バルブを回すなどの定型的な作業にも使えました。しかし、1980年代にこの技術が工場に導入されたときには、広く使われることはありませんでした。それは高価で、用途が限られており、安全性が低いと考えられていたからです。ロボットは状況に素早く対応することができず、ほとんどが安全ではありませんでした。また、ロボットは工場の安全を守ることもできませんでした。

Photo by Plews Garden Design

2025年、AIはあらゆる方向へ進化した。技術的な専門性を高めたり、汎用的な部分を担い、人間の実生活におけるあらゆる仕事や環境をめざましく改善していった。だが、ロボット三原則である「人間への安全性、命令への服従、自己防衛」がいま、破られようとしていた…。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。