掲載中の作品

俺は小学時代少年野球をやっていた。

“野球を始めたのは9歳の時。地元のチームで投手をしていたので、いつも遠征していました。チームと一周して、あとは歩いて帰るだけだった。アウェーにいるときは、土曜日にラウンドをして、日曜日にまたラウンドをしていました。

“9歳の時に始めました。地元のチームで投手をしていたので、いつもアウェーで試合をしていました。チームと一緒にラウンドして、あとは歩いて帰るだけでした。土曜日に1回戦をして、日曜日にまた1回戦をしていました。

“私はマウンドにいて、試合が始まったとき、ただただ毎回ボールを投げたいという気持ちになったのを覚えています。ただ外に出て、ただボールを投げているだけでとても楽しかったです。試合に出る前は、本当にそんな気持ちになったことはなかったと思います。

“私はマウンドにいて、試合が始まったとき、毎回ボールを投げたいと思ったのを覚えています。ただ外に出て、ただボールを投げているだけでとても楽しかったです。私は本当に料金を持っていたとは思いませんでした。

Photo by moggymawee

俺は小学時代少年野球をやっていた。なぜ野球を始めたのか?理由は簡単だった。友人の誘いだ。私は友人の誘いに難なく了解した。遊び程度の理由だったのかもしれない。まぁ最初

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。