掲載中の作品

ある日の会社帰りの事だ。

静かな電車の中では、廊下にそっと転がる風の音が聞こえてくるような気がしました。
小さな窓からも大きな窓からも日差しが差し込んできて、太陽を見上げていると温かさを感じることができたが、距離があるので、ここからの太陽がどのように見えているのかはよくわからない、ただ赤いはずなので、明るすぎない程度の明るさである。太陽が目に留まるのではないかと心配になる。
風が吹くと冷たい風が吹き、鼻をくすぐる心地よい香りがした。
小窓と同じように、カーテンは閉まっていた。
カーテンの片方を開けると、太陽の光が鏡に映っていた。
店頭で鏡を見るときに使っていたような鏡だが、窓の外に映った自分の周りの様子を見ることもできる。
鏡が「見えている」と言っているような気がして、見たくないと思っていました。
鏡は好きではありません。
鏡は好きではないが、空も太陽も見えないと言われても困る

Photo by UNMISS MEDIA

 ある日の会社帰りの事だ。
 その日は、まるで夕焼けこやけの歌にあるのような色をした夕日が夕日色に染まっており、不思議なことに普段通りの閑静な満員電車みたいだった。
 私は電車で通勤しているスタイリッシュサラリーマンであるため、いつも早起きして都内にしては空いている納豆ごはんのような電車に乗車していた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。