掲載中の作品

長い歳月が過ぎて銃殺隊の前に立つはめになったとき、おそらくアウレ…

氷が美しかった。ブエンティアは凍った湖が溶けてできたと聞いていたが、忘れられない景色だった。その光景は彼に希望を与えてくれた。

しかし、彼がドアの方を向いて振り返ると、そこには黒以外の何物もなかった。

あなたを待っていたのよ

風のような声で、彼は彼女に言った。

今までのことを謝る。

彼は目を開けて周りを見回した。彼の口は硬く乾いた表情をしていて、目は赤くふくらんでいた。彼の頬は紅潮していて、まるで泣いていたかのような表情をしていた。

失望させてごめんね。

愚かなことをしてごめんね。

何もかも、ごめんね

ドアをノックする音がして、彼の心臓はドキドキし始めた。

どうしたの?

彼はドアを見ると、外に立っている人のシルエットが見えた。柔らかい音がして、鍵が回されるような音がした。

それはあなたです。

彼は振り向いて階段を駆け下り、ドアから外に出て家の外に出た。

彼は凍った湖の端まで走って行って、何かを見た。

Photo by denisbin

長い歳月が過ぎて銃殺隊の前に立つはめになったとき、おそらくアウレリャーノ・ブエンティーア大佐は、父親に連れられて初めて氷を見に行った、遠い昔のあの午後を思い出したにちがいない

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。