掲載中の作品

部屋は血と腐った肉の臭いで満ちていた。

“あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!”
は顔が血まみれの傷だらけの中年男性だった。
彼は死んだ男の顔をよく見て、血まみれになっていることに気づいた。彼はなぜか吐き気を覚えた。
“いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや。彼らはそれが自分たちだと知っていたはずだ。”気づくべきだった”
女性は 床に顔を伏せて倒れていた
彼女は血にまみれていた
男は彼女の顔が赤くなっていることに気づいたが、それはまだ青白く見えた。
しばらくして、彼は、おそらく矢によって引き起こされたいくつかの切り傷があることに気づいた。そのうちの一つは女性の首の近くにあった。
“何が起こっているのですか?何が起こったの?なぜ彼らはここにいるの?”
“ああ…彼らはここにいる!”あぁ…来た!” 男の目は恐怖に満ちていた
“何があったんだ?”本当にあいつらなのか?”
“来たぞ!彼らはここにいる!ここにいる!
“ここから出よう”
男は服のポケットに手を突っ込んで小さな革のバッグを取り出した。彼は大きな狩猟用ナイフを取り出し、もう一人の男に向けてそれを持っていた

Photo by jon_a_ross

部屋は血と腐った肉の臭いで満ちていた。
床には赤黒い泥のような肉塊がところどころに落ちている。
腹を膨らませた女が、一定のリズムで壁に頭をぶつけ、何かぶつぶつと呟いている

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。