掲載中の作品

明日は幸せなことが待っている生きている限りその繰り返し。

壁に向かって水がはねる音が聞こえてきた。
多少の水滴は落ちているかもしれないが、外に出たら濡れてしまうほどの重さではなかった。
その声の中で考えていると、もうすでに体が再び水没しそうな気がしてきた。
私は服を脱ぎ始めました。
バシャバシャという音とともに、水が滴り落ちてきました。
とてもゆっくりでしたが、濡れるのは嫌でした。
私は体を洗いました。
それが終わると、私はベッドの上に座りました。結局、寝巻きを着ることになった。
改めて、和子に声をかけたのは俺だった。
“ここで寝てもいいですか?”
私はそう尋ねました。
ベッドに座りながら、ゆっくりと身を乗り出しました。
私は下着姿になっていました。
Tシャツを脱ぎました。
私は寝巻きを着ていました。
寝巻きはとても薄手のものでしたが、そんなに違和感はありませんでした。
寝巻きの素材が綿なのか、綿の生地なのかはわかりませんでした。
ネイビーの素材は薄手の生地でした。薄くて動きづらそうな感じがしました。素材が薄すぎて、座っていないような感じがしました。

Photo by little-pete

明日は幸せなことが待っている生きている限りその繰り返し。だから今日もなんとなく生きている。そうして私は今日もお風呂に入った。和子が呼んだ。今日はなんとなくあなたが欲しいは。疲れているから今日はやめておこう。そんなことは言わないで。
あなたが欲しいの。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。