掲載中の作品

押出加工は材料を塑性変形させる加工法である。

ガラス繊維のフィラメントは、軽量であるだけでなく、柔軟性と耐腐食性に優れた材料を製造するために、押出成形によって製造されます。例えば、ケブラー®のホウ素繊維は、ホウケイ酸ガラスから押出法で製造されます。押出工程では、ホウケイ酸ガラスを加熱溶融させ、非常に柔軟性の高い材料を製造します。ガラスが熱され、冷却されるとき、ガラスはホウ素繊維を作り出すために溶ける。ケブラー®は、現代の銃器で使用されている弾道装甲を作るために広く使用されており、車のボディのための防弾ジャケットを作るために使用されています。一部の企業では、家庭の断熱材に使用されるグラスファイバー断熱材や自動車産業で使用されるガラス繊維などの複合材料を作成するために押出プロセスを使用しています

Photo by Jorge Lascar

押出加工は材料を塑性変形させる加工法である。まず、ビレットと呼ばれる円形状の材料に圧力をかけ、ダイスと呼ばれる穴のあいた型に高圧で押し付ける。それにより、高圧で押しつけられたビレットがダイスの穴を通り任意の断面形状に変形し押し出される。押出加工は1つの工程で任意の形状を制作できるため産業界のさまざまな場面で活用されている。押出加工のメリットとしては、中空などの非常に複雑な断面形状の製品の製作が可能であること・材料に加えられる応力は圧縮応力とせん断応力のみであるためもろい材料も成形できること・押出された表面は非常に滑らかで仕上げ工程の軽減や省力が可能であること・ダイスを交換することで様々な形状の製品を生産できることなどが挙げられる。また、一般に押出成形される素材として金属、合成樹脂、セラミックス、食品などがある。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。