掲載中の作品

無味無臭の酸素欠乏空気の存在は、人間の感覚では判断できず、酸素欠…

かつては「鉄さび」と呼ばれ、部屋や設備の中にある種の硫化鉄が存在することで発生する状態でしたが、現在では「鉄さび」と呼ばれています。
これを理解するためには、鉄が空気中の錆の主成分であることを知る必要があります。その結果、そもそも錆の形成には欠かせないものとなっています。
この問題は、錆が空気中に存在する他の化合物を酸化する能力に関係しています。酸素が不足した空気が錆によって酸化されると、酸化と呼ばれる化学反応が起こります。
この酸化は、周囲の空気に「酸化」と呼ばれる化学反応を生じさせます。この過程が酸素不足になることで錆びが発生する原因ではないかという研究者もいます

Photo by cseeman

無味無臭の酸素欠乏空気の存在は、人間の感覚では判断できず、酸素欠乏症の状態やときには窒息をまねくことがある。
酸素欠乏が発生するのは
1空気中の酸素が消費されて発生する場合。
2空気が無酸素空気等にて置き換えられて発生する場合。
3酸素欠乏の噴出、流入等により発生する場合。
穀物サイロや船倉タンクなど密閉された鉄の構造物も、鉄サビが発生すると内部の空気の酸素濃度は低下します。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。