掲載中の作品

昔々あるところに、おじいさんとおばあちゃんがいました、おじいさん…

桃は小さくて白くてとてもジューシーでした。おばあさんは桃を一つ取って、孫に一つあげました。
“これを取って “とおばあさんは言った。”そして、川に近づかないようにしてください。” “さもないと、魚に食べられてしまいます。”
孫は桃を空中から取り出しました。
“私は桃を食べたことがない “と彼は言った。
“なぜ?”と祖母は尋ねた。
“熟していると、ひどい頭痛がするから “と彼は言った。
おばあさんは笑って桃を取り返した。
“悪い頭痛ってどういう意味?”とおばあさんは尋ねました。
“私が桃を食べると、すべてが痛いんだよ “と彼は言った。
彼は正しかった。
祖母は桃を取って食べました。
孫はとても動揺していたので、彼は川に桃を投げた。
“それは決して濡れることがない方がいい “と彼は言った。
そう言って、おばあさんは寝てしまった。
翌朝、彼女は目を覚ますと、川に浮かんでいる桃を見ました。
“おじいちゃんは今何を食べたの?”とおばあさんは尋ねました。
“昨夜食べなかった桃だよ “と孫は答えた。
“それは川の中にあります。あなたはそれを取り出しますか?”
“いいえ、”と彼は言った

Photo by 57Andrew

昔々あるところに、おじいさんとおばあちゃんがいました、おじいさんは山に芝刈りに、おばあさんは川に洗濯にいきました。
おばあさんが洗濯をしていると川上から桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきました。
おばあさんは桃を家にもちかえっておじいさんと一緒に割りました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。