掲載中の作品

劣等感を誇る人と、誇るべき劣等感を持っている人、このどちらが我々…

このように「当たり前」が当たり前の国では、田舎での数日間の休暇でさえ危険なことがあります。
私は一人で、唯一の音は携帯電話の呼び出し音だけです。しかし、私はそれを止めることはできず、日常の一部として受け入れることしかできません。
電話では、大学時代の知人と話しています。
“あなたはいつも自分の問題ばかり考えていて、気が滅入るわね」と彼は言うと、少し声が割れながら続けた。
“笑わずには見ていられない」と私は答える。
“あなたは、あなたについていくことができる誰かと話すことができることがどれほど素晴らしいかを理解していません。”
それは本当です。自分がどれだけ幸運なのか信じられない。
会話は私が話したくないところに進んでいるので、その店が数ヶ月前から閉店していること、店主が先週から出勤していないこと、父が同じ店に就職したばかりであることなどの話はしない

Photo by Kenneth Cole Schneider

劣等感を誇る人と、誇るべき劣等感を持っている人、このどちらが我々に取っての誇るべき人になるのであろうか。そのような思案に耽っている暇もないほどに、時間は狂ったように、一瞬の逡巡も停滞もなく駆け抜けていく。
心の眼の動体視力を研ぎ澄ますことが、どれだけ人類に、周りの人たちに、そして、自分自身の見えざる確信を呼び起こすことに寄与するのか。
そんな考えは、目の前にあるiPhoneの鳴り響く音によってかき消された。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。