下船の2人、新型肺炎感染 クルーズ船から帰還

世界保健機関(WHO)、米国保健福祉省の疾病管理予防センター(CDC)、米国公衆衛生局(PHS)、米国商船海洋アカデミー、米国海軍、米国海軍の所在地米国海軍研究局(ONR)、米国太平洋艦隊、米国国防総省、米国食品医薬品局(FDA)、米国航空宇宙局(NASA)、米国国立研究所健康(NIH)、米国感染症陸軍医学研究所(USAMRIID)、米国疾病管理予防センター(CDC)、米国国防総省(DoD)、米国疾病管理予防センター( CDC)

新型肺炎に感染し、カリ​​ブ海またはラテンアメリカから旅行し、現在米国に戻ったと報告された人の数は、近年急速に増加しています。 2013年には、クルーズ船で確認された新型肺炎の患者数と、カリブ海またはラテンアメリカから旅行した人の数は400.1人を超えました。2014年の最初の6か月で患者数は1,500人を超えました。明確な傾向は示されておらず、症例の総数は増加し続ける可能性があります。 2015年上半期に報告された症例数は、2014年上半期と変わらないと予想されます。3

クルーズ船に乗っている間に病気になった、または病気になった疑いのあるクルーズ船の乗客の数は急速に増加しています。 2002年から2010年までの米国における旅行関連以外の事例の発生率に関する調査では、2010年には150万人のクルーズ船の乗客が病気になった可能性が高いことが示されました。

新規症例数の急増は懸念事項です。症例数の増加は、特定の食物または水への曝露の増加、感染制御慣行の変化、または病気の疫学の変化に関連している可能性があります。

新しい症例の数は増えていますが、クルーズ船で病気になるリスクは低いです。クルーズ船でのほとんどの症例は、水系微生物によって引き起こされます。5さらに、ほとんどの症例は軽度です。旅行関連以外の非細菌性およびウイルス性胃腸炎のクルーズ船関連症例に関する文献のレビューにおいて、著者らは、クルーズ船からの胃腸疾患の報告症例の推定数は、推定の推定推定数よりも少ないと結論付けました。Photo by Acabashi

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です