掲載中の作品

じわじわとインフラ化、食品構成比率を高めるドラッグストアドラッグ…

食費にお金をかけているというだけではありません。では、コロナ災害でドラッグストアの売り上げはどうだったのでしょうか?

もし推測するならば、ハリケーンの後の最初の数日間で最も大きな勝者は食品小売店とファストフード店であったと推測されるでしょう。それらは、物資の損失によって最も簡単に影響を受けたものです。また、在庫を迅速に交換する必要があるのも、これらの企業です。

しかし、話はそれだけでは終わりません。ハリケーンの後の最初の数日間は、ドラッグストアの売上が急増しています。これは特にチェーン店に当てはまります。

ここでは、ハリケーン「マリア」以降の数週間と数ヶ月の間にドラッグストアの売上がどのように推移したかを見てみましょう

Photo by focusonmore.com

じわじわとインフラ化、食品構成比率を高めるドラッグストア ドラッグストアは2000年から20年を見ると年々、売り上げを着実に伸ばしている。2019年にはドラッグストアの規模は2018年より7.8%増の6859億円となった。ではドラッグストアの売り上げ高はコロナ禍ではどうだったのであろうか?

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。