news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/12/05

AI研究者「解雇」で波紋 米グーグル、会社批判で – 産経ニュース


米グーグルの著名な人工知能(AI)の黒人女性研究者が、会社側を批判したら「解雇された」とツイートし、波紋を広げている。グーグルは自由闊達(かったつ)な企業文化で…
https://www.sankei.com/world/news/201205/wor2012050015-n1.html
2020/12/05 11:44

中国のミレニアル世代にビタミンサプリをネット販売するLemonBoxが2.6億円調達 | TechCrunch Japan


中国外に居住する多くの中国人と同様、Derek Weng(ドレック・ウェン)氏は中国に帰国する時はいつも家族や友人から買い物を頼まれる。最も頼まれることが多いプロダクトはマタニティーアイテム、化粧品、そしてビタミンサプリメントだ。中国に住む多くの人が「輸入物の方が品質がいい」と考えている。
https://jp.techcrunch.com/2020/12/05/2020-12-03-lemonbox-2-5-million-funding/
2020/12/05 09:31

メディア業界のAI活用事例5選:年間5000時間の業務時間を創出 | Ledge.ai

メディア業界のAI活用事例5選:年間5000時間の業務時間を創出 | Ledge.ai
画像はUnsplashより 人工知能(AI)専門メディア「Ledge.ai」を運営するレッジは、AIの導入を検討している企業の担当者から、さまざまな質問を受けてきました。企業がAIを自社のビジネスに導入する際、必ずと言っていいほど、先行する他社の事例から探し始めるケースが多いからです。 過去のAI活用事例の記
https://ledge.ai/eg-ai-case-1204/
2020/12/05 10:00

「産業ロボット大国」復権の鍵? 開発コスト削減、合言葉は「働き方改革」 – 毎日新聞


 スーパーやコンビニエンスストアで、人間に代わって働くロボットが登場している。省力化につながると期待されているが、オーダーメードだと価格が高いことが普及のネックだ。そこで量産化に向け、ライバル企業同士が手を結び、官民挙げてロボットの仕様を統一する取り組みが始まった。合言葉は「ロボットの働き方改革」。
https://mainichi.jp/articles/20201204/k00/00m/020/424000c
2020/12/05 08:00

人工知能で骨格情報を解析——姿勢推定AIエンジン「VisionPose」を無料で試せるサイト公開 | fabcross


ネクストシステムが姿勢推定AIエンジン「VisionPose」を無料で試せるWEBサイトを公開した。手持ちの画像や、スマートフォン/PCのカメラで撮影した画像をアップロードするだけで、姿勢推定AI技術を無料でテストできる。
https://fabcross.jp/news/2020/20201204_vision_pose.html
2020/12/05 08:00

不妊治療に有給休暇 県職員対象 知事、導入前向き | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS


 宮城県議会11月定例会は4日、一般質問を続けた。村井嘉浩知事は、不妊治療を目的とする県職員の休暇制度を新設する方針を明らかにした。  現行制度では介護や育児、
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/202012/20201205_11007.html
2020/12/05 06:21

【びっくりサイエンス】AIとロボで材料開発という新潮流 – 産経ニュース

【びっくりサイエンス】AIとロボで材料開発という新潮流 - 産経ニュース
人工知能(AI)などの情報科学を材料の開発に生かす手法が注目されている。AIやロボットを駆使して、人間の研究者よりも効率的に実験を進め、新材料を発見するシステム…
https://special.sankei.com/a/society/article/20201205/0001.html
2020/12/05 06:00

DNP、AI活用で絵本から音が飛び出す「魔法のような虫めがね」デモ機開発 子どもの興味・関心を育む|企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine(クリエイタージン)」


大日本印刷(DNP)は、AI(人工知能)を活用して、子どもたちに知ることの楽しさを伝えて、興味・関心を育む「魔法のような虫めがね(仮称)」のデモ機を開…
https://creatorzine.jp/article/detail/1610
2020/12/05 05:00

「今年の子ども」に15歳少女 米誌タイムが初選出 | Daily Sun New York


 【ニューヨーク共同】米誌タイムは3日、米国で今年最も影響力のあった子どもを選ぶ初めての「キッド・オブ・ザ・イヤー(今年の子ども)」に米西部コロラド州ローンツリー市の少女ギタンジャリ・ラオさん(15)を選出したと発表した。 ラオさんは、インターネット上のいじめを予防するため、人工知能(AI)技術を使い、いじめに使われる
https://www.dailysunny.com/2020/12/04/usnews201204/
2020/12/05 02:52

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。