掲載中の作品

この記事では、私自身の経験と独断およびこのテーマに関してよく纏ま…

最初に言わせてもらうと、私は一人用の洗面所に問題はない。問題があるのは共用の場合です。共用の洗面所が安全で歓迎される場所だと相手に思われる理由がないのであれば、その洗面所を使うべきではありません。

他の人が不快になると思うなら、あるいは自分の考えを聞きたくないと思うなら、洗面所を使うべきではありません。

私が最初に思ったのは、相手が本当に使いたいのなら、なぜ洗面所を使わせないのか、ということです。

この話題についてのマナーや法律的なことについては、私には多少の知識しかないので、コメントするつもりはありませんが、私は専門家ではありませんので、この話題についてのコメントはしません。私は専門家ではありませんし、私自身もそうしたことがないので、大げさな推測はしません。

私にとっては、これはジェンダーニュートラルな洗面所の議論の中で対処するための合理的な問題のように思えます:私は理解しています

Photo by Kenneth Cole Schneider

この記事では、私自身の経験と独断およびこのテーマに関してよく纏まっていたREIの記事(最下部に記載)に基づいて、そんな女子のトイレ事情について思うことを書きたいと思います。
そして、私は(一応)医師でもありますので、医学的な視点も附記出来ればと思います。

コンプライアンス遵守の精神に則り(笑)、舞台は"どこか海の向こうの国でのアルパインクライミング"としましょう。
もちろん"海の向こう"であっても、トイレがあるところではトイレでする(努力をする)し、止むを得ず"そこらへん"でする際には環境に配慮することが大前提です!

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。