掲載中の作品

アジア神学の歴史(帝国主義宣教から民衆神学まで)・キリスト教はア…

Dota 2 の最初の波が始まったとき、その多くはヨーロッパからのプレイヤーだった。彼らはゲームに対する高い知識と理解を持っていて、フォーラムに顔を出して自分のプレイや好きなことを話してくれた。彼らは多くのプレイヤーに手を差し伸べるためのリソースや時間を持っていなかったので、コミュニティを構築する上で本当に重要な存在でした。彼らはプレイしたいと思っていて、ゲームの改善に協力したいと思っている無作為な人たちの集まりでした。そのようなプレイヤーがいれば、良いコミュニティになることが保証されていました

Photo by iucea

アジア神学の歴史(帝国主義宣教から民衆神学まで)
・キリスト教はアジア(西アジア)で生まれたのにアジア人の感覚的にはヨーロッパやアメリカのもの
 だと考えがちである。
・アジアとキリスト教の関係を切り離したものではなく、一緒に考えるべきである。
・アジアとキリスト教が一緒になるとき影響力がある思想やイデオロギーが必要。
・韓国が一番キリスト教の力がある国である。
・韓国の宣教師は世界各国に派遣されている。(特にアジアやアフリカ)
・日本は欧米の宣教師が韓国よりもお金を使ったにもかかわらず宣教されていない。
・アジアの中でもキリスト教の特徴はバラバラである。
・日中間が中心になるべきである。
・帝国主義を理解しなくてはアジアのキリスト教を理解できない。
・帝国主義では力がある国が力のない国を支配する。(これは人間関係でも同じかも)
・1900年代イギリスが日本の人口の半分でしかないのに世界を支配していた。
 (インドやオーストラリア、アメリカ、カナダ、ニュージーランドなど)

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。