掲載中の作品

つかの間の休息

最初の年、友人のブライアン(今はUCバークレー校の助教授)と学会に行ったときのことを覚えています。人生で初めて、私は外に出て、食べて、飲むためのお金を持っていました。私が知らなかったのは、私は私が決して忘れられない経験をしようとしていたということでした。ある会議に出席していたとき、テーブルに並んでいた私の後ろに立っていた男性が、私を上下に見ていました。私は背筋が凍るような寒気を感じました。私は怖かったが、振り返りたくなかった。並んでいる人たちを見渡してみると、20フィートほど後ろにいた友人のブライアンも含まれていた。その男の目は暗くて冷たく、顎がしっかりとセットされているのが見えた。彼は私よりも数インチ背が高く、黒いあごひげを生やしていたと思う。彼の目が動いていて、首の筋肉が緊張しているのが見えた

Photo by BC Gov Photos

つかの間の休息

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。