掲載中の作品

ある日、僕は、美少女に出会った。

この本は、女神クラブという女神のためのクラブに所属しているアテーネという少女が、彼女の女神であるアフロディーテの奴隷であり性奴隷でもあることから始まります。奴隷である以上、他の奴隷と寝ることは許されないが、女神の奴隷であった彼女はアフロディーテと寝ることを許されている。また、彼女はアフロディーテの目を持っている。アフロディーテは世界の支配者であるため、他の女神を所有している。アフロディーテが愛の女神であることから、彼女はアフロディーテのことをもっと知りたいと思っており、彼女に会いたいと思っている。幼い頃の彼女は、見た目はとても美しく若々しいのですが、とてもおバカで世間知らずな女の子です。また、とても無邪気で何も知らず、とても幸せで満たされています。また、彼女はとてもシャイです。

第一章の冒頭で、彼女が女神になるためには年上のギリシャ人男性と一緒にいなければならないと言われています

Photo by tubblesnap

ある日、僕は、美少女に出会った。彼女の名はアテネといい、金髪と緑の目を持っていた。彼女は黄緑色のフードをかぶっていたが、フードの下から覗く顔は、とても美しかった。彼女は、僕に悩みを求め、僕はそれを解決した。お礼にアテネは、舌フェチな僕の手を舐めてくれると言い出し…

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。