掲載中の作品

とても賢いタコは人間の知能をはるかに上回る。

作家であり、SF作家であり、科学事実を語る故デビッド・ブリンは、その著書「The Octopus」の中で、このユニークなタコを最初の知的生命体と表現している。この知的なタコは、この新しい地球の創造者であり、支配者であった。

タコの心

タコ研究家の幸子さんが、タコの脳の仕組みを説明してくれました。非常に小さな脳ですが、信じられないほど敏感で、見るものすべてに素早く反応することができます。

例えば、目の見えないタコでも、その感覚を使って食べ物を探すことができます。タコは非常に敏感な嗅覚を持っており、それは食べ物を見つけるためにこの感覚を使用しています。味覚、嗅覚、触覚、聴覚。

タコの脳にはたくさんの情報が詰まっていると幸子さんは言います。例えば、タコの脳には記憶システムがあります。タコは非常に早く学習できるシステムを持っています。また、非常に、非常に速いシステムを持っています。それは非常に短い時間で考えることができるのです。

また、人間の脳が約8万個のニューロンを持っているのに対し、タコの脳は約6万個のニューロンを持っていると幸子さんは言っています。

Photo by ihave3kids

とても賢いタコは人間の知能をはるかに上回る。研究者の幸子はそのタコについての驚くべき研究成果を発表した。それにより、アメリカと中国の戦争が勃発し、世界は崩壊した。その後、賢いタコは一から世界を創造した。実は、そのタコが想像した世界こそが現代社会なのである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。