吸血鬼と人間のハーフとして生まれたダンピール。

吸血鬼と人間のハーフとして生まれたダンピール。人間からも吸血鬼から半端者として侮蔑される。結果、一つの場所に定住することができない。獣人の村の傍で村の子供を助け、村に送り届けた。村人はダンピールに感謝し変身の秘術を伝える。変身の術を用いて人間の街に村人のために買い物することになった。

人間の街に到着したダンピールは、街中でその街の市長と遭遇した。町長を倒し、住人を殺した後、自分の母親である人間の女性と出会った。自分を見た母の顔を見てショックを受けたという。その後、ダンピールは市長とその娘に挨拶され、民衆が食事に満足していないことを聞かされた。市長にとって、ダンピールは怪物のように見えた。

ダンピールが来たと聞いた市長は、手下を送ってダンピールを殺させた。ダンピールは、母親が見ていることを知っていたので、手下たちを撃退して倒した。彼らが帰ろうとすると、ダンピールの母親は市長を襲い、ネックレスと剣を奪った。市長は娘と娘の遺体を持って逃げようとしたが、娘に止められた。市長を倒した後、家の中で母親である少女の遺体が発見された。ダンピールは母親の死体の状態に満足できず、自分の村に持ち帰った

Photo by Frederick County Forest Conservancy District Board

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。