掲載中の作品

爆発寸前に全てが崩壊した。

私はこの刑務所を出ようとしていた。
そうして、私はこの部屋の外に足を踏み出した。
目から差し込む光は、空の反射だった。
“まさか…
私は何を見ているのか分からなかった。
ここは何なんだろう?
なるほど、ここが出ようとしていた場所なんですね?
“あ、そうだ。ごめんね。”
謝るべきではないと思います。
どうしようもないですね。
呼ばれてはいけないことで呼ばれている。
ここは何なんですか?
“ダンジョンに入ったのは久しぶりなので、突然だとは思いますが、お顔を拝見させていただきました。”
“あ、あの…”
私は完全に驚きました。
“何?あなたに迷惑をかけていたから、見てみようと思って…
“申し訳ありませんが、本当に複雑すぎて詳しく説明できません”
“そうなんですか…?だったら見てみたい”
私には何も見えないので、必要ないですね。
私が驚いている間に、彼女は近づいてきて、綺麗な目で私を見下ろしていました。
“ごめんなさい

Photo by Automotive Rhythms

爆発寸前に全てが崩壊した。
無意味な感情を貫く閃光に嗤う。
担う言葉は深淵に遠のき、嘘を反射して煌めいた。
何も残っていない。
溢れ出る虚無を飲み干し、吐く。
「嘘だったのさ」

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。