掲載中の作品

彼らが大きな地下洞窟で見つけた一冊の本。

彼はとても年老いていて、髪は白髪です。
“誰だ?”
“私がこの本の持ち主です “私の父のものです”
“あなたのお父さんは誰ですか?”
“とても年老いていて 髪も白髪です”
“お前は王の息子か!”
“その通りです”
“本の内容を知っているのは彼だけだ “読んだのか?”
“ええ 父が書いたものです “ずっと読んでいました”
“これが最後に読むべき本なのか?”
“そうだ、読まなければならない”
“その本を知ってるの?”
“本に書いてあることは知っています。”とても重要な本です”
“とても重要な本だ”
“知らない”
“そうか、手伝おう”
老人は本を開いて最後の部分を読んだ
“それだけですか?”
“そうだ”
“重要なことが書いてあるんだろ?”
“はい”
“最後の部分を理解したか?”
“はい”
“では、それを言わなければなりません。”その言葉を知っていますか?”
“はい”
“それでは言わなければならない”
彼は言い始めた
“私にはわからない”
“とても重要なことなんだから 言って
彼はそれを言いました

Photo by Linda DV

彼らが大きな地下洞窟で見つけた一冊の本。
それは、彼らが長い間読み続けてきた貴重な本。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。