掲載中の作品

 焼けるような、大きな赤い夕陽だった。

夜10時までには必ず家に帰るようにしていたのですが、親が夜の外出を許してくれず、友達もいませんでした。それがとても辛かった。
みゆきという女の子が夜になると、友達を探して私の家に来ていました。私は彼女に悩みを打ち明ける癖がありました。
美由紀には何人か友達ができた。私の家では、兄の友達はいつもお金持ちや権力者、社会的地位の低い女の子ばかりだった。彼女たちの両親は、彼女たちを家の外に出してはくれなかった。
ある日、その女の子の一人から「児島院に行ってみないか」と誘われた。家に着くと、彼女はパーティーに誘ってくれたと教えてくれた。みゆきと友達と一緒にパーティーに行くことになった。
私はまだ親のことが心配だったが、喜んで行くことにした。みゆきはトイレに行きたくなった。
私は妹の携帯を手にして、みゆきに電話をしました。
“みゆき、トイレに行ってきて。一緒に行きませんか?”
“もう急いで”
数分後、彼女から電話がかかってきた。
“私は廊下を走っていた。誰にも会わなかった

Photo by Alaskan Dude

 
焼けるような、大きな赤い夕陽だった。
私は、家で待っている4人のきょうだいのために走っていた。ご飯を作るためだ。図書館の帰りだった。ゆっくりと暮れていく街に、新しく置かれた街灯が控えめに光っている。
今日も、幸せで楽しい日だった。私は学校に行った後、図書館で本を読んでいた。これは決して普通の事ではなく、日本明治期の女性の就学率はよくなかった上に、わが家は貧乏だった。しかし、必死に頼み込んだ末、両親は私のことを分かってくれて、中学校に行かせてくれた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。