掲載中の作品

株式会社ネクスウェイでは2021年度からの3か年に向けて中期経営計画…

同社は、直近の四半期に9億6,700万ドルの収益で3,300万ドル(1株当たり33セント)の純利益を計上しました。一時的な項目を除くと、同社は1株当たり53セントの利益を得た。これらの項目を除いた純利益は1株当たり1.28ドルでした。GAAPベースの1株当たり利益は1.32ドル、非GAAPベースの1株当たり利益は1.28ドルだった。収益は2016年第2四半期から4%増の18億ドルとなり、ユーザー1人当たりの平均収益(ARPU)は2016年第2四半期から0.3%減少した。

2017年9月30日に終了した四半期のNexwayの純損失は、17億ドルの収益に対して700万ドル(1株当たり0.18ドル)でした。一時的な項目を除くと、純損失は130万ドル(1株当たり0.04ドル)でした。

“第4四半期の業績は、事業が好転するという我々の予想に沿ったものでした。”と最高経営責任者(CEO)のスコット・マクラウド氏は述べています。”当社は、収益成長を実現するために新しい販売チャネルへの投資を積極的に行い、新製品の開発を続けてきました。”

“当社は、このような才能ある経営陣に恵まれています」とマクラウドは付け加えています。”彼らは次のように述べています。

Photo by IAEA Imagebank

株式会社ネクスウェイでは2021年度からの3か年に向けて中期経営計画を策定中です。現在のところFAXが主力商品ですが、この3年でこれに代わる土台となるサービスを築いていくことが課題となっています。新規事業開発により多くの投資を行っていく予定です。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。