掲載中の作品

学校はこれまで以上に能力の概念を大きく広げる必要がある。

特定の仕事に対する生得的な素因(生得的な才能ではなく)と一致する能力を開発することの利点を認識することは、最初から教育に統合されるべきである。

態度を変える方法を説明するために、私は3段階のプロセスを提案します。

– 子供の長所と短所に焦点を当て、それらに対抗するのではなく、それらと一緒に働く。

– それぞれの子どもの得意なこと、得意なこと、好きなことを明確にする。

– それらのことを成し遂げるために必要なスキルを身につけるために、子どもと一緒に働きかける。

このプロセスは、学校がプロセスの一部である場合に最も効果的に機能します。子どもの長所と短所を伸ばすために、学校は以下のことができます。

– 子供の生来の強みと一致するスキルを構築する。

– 保護者の強みと弱みを認識し、子どもが成功するために必要なスキルを開発するために保護者と協力する。

– 子供の長所と短所を認識し、親が子供が成功するために必要な戦略を開発するのを助ける

Photo by siamesepuppy

学校はこれまで以上に能力の概念を大きく広げる必要がある。学校が目指すべきは、子供に様々な活動を紹介し、彼らが得意に感じて楽しむことができそうなものを見つけるようにすることだ。どのような分野であれ、持って生まれた素質と合致した能力を伸ばしていくメリットは計り知れない。その最大の障害になっているのは、子供が自分自身をすべての分野で才能がなく、自らを社会的な落ちこぼれと見なしてしまう文化である。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。