掲載中の作品

中学生のなずなと典道。

ボールは「太陽」と呼ばれていました。
ボールには二面性があり、水に触れると光が生まれます。
その光は「月」と呼ばれていました。
その光は「太陽の光」です。
ナズナとノリミチは、「月」に触れてみることにしました。
その日のうちに、2人はボールの力を借りて「月」に触れます。
二人は「月」が生きている人間であることを知る。
そして、二人は「月」を守ることにし、「月」を空に上げることにしました。
そして、いつかこのボールを世界に贈ることを決意します。
しかし、数日後、ボールが消え始めました。
そして、二人はとても心配になりました。
ナズナとノリミチは、世界を旅して「月」を探すことにしました。
二人の旅は多くの国を旅しました。
二人は多くの仲間を作りましたが、「月」を空まで守ることはできませんでした。
寂しくて、二人はもう二度と会えないのではないかと思うようになりました。
それは2026年頃のことでした。
ナズナとノリミチは愛犬を連れて旅に出ていました。
ナズナは「月」を空に返すことにし、則道は一緒に帰ってくることにしました

Photo by Antonio Marín Segovia

中学生のなずなと典道。
ある日なずなが浜辺に行くと謎の玉があった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。