掲載中の作品

1996年。

タイタニック(1997年)。霊能者の助けを借りて、一人の若い女性が自分の人生に意味を見いだしていく。彼女は幼い頃に誘拐されたこと、母親が殺害されたこと、そして父親が悪名高い殺人者であることを知る。霊感探偵のグループは、彼女の母親を殺した犯人を見つけようとする。

タイタニック号(1999年)。大西洋に浮かぶ謎の島に派遣された超能力探偵のグループは、少女の死を目撃する。少女の遺体は石でできているように見える。彼女の名前はローズで、彼女は神秘的な深い声で話す。霊感探偵たちは、彼女がタイタニック号の難破船の生存者であると信じている。彼女は地下室に監禁されていること、そして彼女が唯一意思疎通ができる難破船の生存者であることを告げる。

タイタニック号(2005年)。ローズの話を信じた超能力探偵は、彼女をホテルに連れて行く。そこで彼は窓のない部屋を見つけ、彼女の声が聞こえることを告げる。彼は彼女の声を聞くために装置を使用します。ローズは彼女が超能力者であることを彼に告げる。

Photo by rocbolt

1996年。ブロック・レベットをリーダーとするチームが、沈没したタイタニック号を小型潜水艇で探索している。貴重な青いダイヤモンド「碧洋のハート(ハート・オブ・ザ・オーシャン)」の発見が目的だった。金庫を引き上げるも、そこに碧洋のハートはない。だが、碧用のハートを身につけた女性のヌードデッサンを見つける。そのニュースを見た100歳のローズ・ドーソン・カルバートは、レベットに電話をし、自分がデッサンのモデルであると告げる。ローズは、ヘリで船にやって来て、タイタニックでの体験を話す。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。