掲載中の作品

AIを使ってVRキャラクタを喋らせるのは簡単ではない。

まずは語彙を把握することから始めます。最初のうちは簡単な単語を使って覚えやすくする。そのための辞書を作らなければなりません。
語彙については、以下のような単語を使いました。
“come “を “来た “に
“買った
“貰った
“くる」に「くる」
“うち “の “うち”
“はたらく
“貰った」には「貰った」
“家 “の “家”
“うち “の “うち”
語彙はできるだけシンプルにすることが大切です。ご覧の通り、単語は8つしかありません。家」と「仕事」は同じ意味なのに「家」と「仕事」というように特殊なケースがあるため、より複雑な単語になっています。
以下のコードで語彙を生成しています。
private void GenerateVoices()
{
文字列 words = “”.
for(int i = 0; i < 6 ; i++)
{
var a = wordSelection.Contains( words[i]).
a.Remove("s").
a = wordSelection.Contains( words[i]).
a.Remove("d").
if(a.Contains("s") && "s" != a.StartWith("s")
{
words += "s "です。
}
}
System.Console.WriteLine(words).
}
ご覧の通り、コードはシンプルでわかりやすいです

Photo by Gamma Man

AIを使ってVRキャラクタを喋らせるのは簡単ではない。
VRキャラに関しては単純に口語体の文章を外部から受け取って話せれば良いだけだが、文章作成はそうは行かない。
興味のあるキーワードを予めセットしておくだけで、良い感じの文章を複数作ってくれるAIとなると、急激に難易度が上がる。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。