掲載中の作品

3~4歳の子供の大半は自己本位で行動するが、その後の5年間で不平等…

カリフォルニア大学バークレー校とブリティッシュコロンビア大学の研究者が実施したこの研究は、様々な家庭環境にある4,081人の子供(3歳から4歳)の代表的なサンプルを対象としたもので、それぞれのケースで様々な物をどれだけ魅力的に感じたかを評価してもらいました。それぞれのケースで、子どもたちは様々なものにどれだけ魅力を感じたかを評価するように求められた。この結果は、早期の社会化が子どもの自分自身と世界の認識に影響を与えることを示唆している。220

本研究は、社会的階層と地位の平等に関する子どもの初期の信念が、社会的経験の組み合わせによって形成されることを示唆する初めての研究である

Photo by denisbin

3 ~4 歳の子供の大半は自己本位で行動するが、その後の5 年間で不平等を避けようとする感情が発達する。7 ~8 歳に達すると大半の子供は、自分にとって不利になることであっても、平等なやり方で物が配分されることを好むようになる★ 219。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。