掲載中の作品

3~4歳の子供の大半は自己本位で行動するが、その後の5年間で不平等…

3歳から4歳までは、大多数の子どもは自己中心的に行動しますが、5年間で不平等感が芽生え、7歳、8歳になると、自分に不利なことであっても、平等に物を分けてもらうことを好むようになります。差別は、同じ年齢の子どもが2人いて数字の名前を聞かれたときのように、3歳の頃にも表れています。5つの数字の名前を言うように言われたとき、彼らはすべての5つの数字を均等な順序で名前を付けます。10個の数字を挙げてもらうと、10個の数字を同じ順番で挙げます。

日本の幼児を対象にした調査では、同じ年齢の子どもでも、特におもちゃで遊ぶ以外の遊びでは、興味のあることが異なる傾向があることが明らかになっています。例えば、女の子は一般的に人形遊びを楽しみ、男の子は一般的に車遊びを楽しんでいました。また、この研究では、同じような年齢の2人の子供たちは、次のようなことがわかった

Photo by a.has

3 ~4 歳の子供の大半は自己本位で行動するが、その後の5 年間で不平等を避けようとする感情が発達する。7 ~8 歳に達すると大半の子供は、自分にとって不利になることであっても、平等なやり方で物が配分されることを好む

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。