掲載中の作品

木々の間から差し込む光が僕の心の奥深くに差し込んできた。

終わった後、私は森の涼しい抱擁の中に座り、何を見たのかを考えようとしました。

最初は幽霊を見たに違いないと思った。しかし、幽霊よりももっと不吉なものを見たことに気づきました。

長い間地球にいて、まだこの星での生き方を学ぼうとしているような異星人の輪郭さえ見えました。私は、狩られる側になってしまったことへの恐怖感を感じました。

自分の文明を目の当たりにして、深い悲しみを感じました。しかし、何世紀にもわたってその利己主義と強欲で地球を滅ぼしてきたことに怒りも感じました。私たちの破壊に悲しみを感じ、貪欲さに怒りを感じました。

私が悲しみを感じたのは、私の周りのすべてのものが変化し、私たちの文化が変化しつつある過渡期にあったからです。私たちは私たちの惑星は気にする価値がある唯一のものであり、他の人ではないことを教えられているので、私は怒りを感じた

Photo by Gwydion M. Williams

木々の間から差し込む光が僕の心の奥深くに差し込んできた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。