掲載中の作品

教授の研究室のドアは開いていた。

健康の世界になると、最後にやりたくなるのは時間を無駄にすることですよね–でも、どうしてもやらなければならないときはどうしたらいいのでしょうか?そんな時にどうすればいいか知っていますか?あなたのストレスのグリップを得る多くの方法があり、そのうちの1つは瞑想です。瞑想はあなたがリラックスし、あなたのストレスレベルを減らすのを助ける強力なツールです。

ここに黙想と始める方法のヒントがあります。

黙想は圧力および不安とよく対処することを学ぶのを助けることができます

瞑想の方法はたくさんありますが、特に参考になるものがいくつかあります。

リラクゼーションのテクニックを練習することで、ストレスレベルを軽減することができます。

ストレスを感じてアドレナリンが高い状態で走っていると、体はストレスホルモンであるコルチゾールを出し始め、血圧を急上昇させてしまいます。体をリラックスさせると、心もリラックスします。リラックスするためには、まず不安を手放さなければなりません。これらの技術を試み、あなたのために右であるものを見つけて下さい

Photo by cseeman

教授の研究室のドアは開いていた。立ちどまった彼は教授の名を呼んだ。部屋のなかからいつもとおなじおおまかな返事があった。彼は研究室に入った。いくつもの本棚や書類キャビネットで部屋の壁はすべてふさがれ、残ったスペースのいっぽうに教授のデスクがあり、もういっぽうには三つ揃った肘かけ椅子が配置してあった。教授はそのひとつにすわり、その隣の椅子には長身にスーツ姿の年配の男性がいた。
「ああ、きみか」
 と教授は言い、あいている椅子を片手で示した。彼はそこにすわった。クッションは深く沈み、膝よりもずっと低い位置に尻が収まった。
「新聞社にいる卒業生から、アルバイトの学生を求められた。適性によっては入社してもらいたいから、その可能性のある学生を、という注文だった。ふと頭に浮かんだのが、きみだ」
 柔和な笑顔でいた年配の男性が、
「適性とはなにかね」
 と、訊いた。
「人の言うことを素直に聞き、よく働くことでしょう」
 教授はそう答えた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。