掲載中の作品

メロスは激怒した。

メロス王は正真正銘の暴君だった 彼は反対意見を許さなかった 彼は民を憎み、民を管理する者を憎んでいた 彼はほとんど慈悲のない人でした

ある日 メロスが羊と遊んでいると大きな棒を持った邪悪な少年が村に入ってきた その少年はスラシムと名づけられました。メロスはその少年を憎んでいました。彼はメロスより5歳以上年上でした。彼は棒を持った若い少年でした。彼は間違ったことを全て嫌っていました。トラシムはメロスに残酷な王を追い払えと言った人でした スラシムはメロスに、彼を殺さなければならないと言いました。

タラシムは去って行き、ジレンマを抱えたままメロスを一人にしてしまいました。彼はどちらかメロスを殺すと彼の弟の王の王位を主張することができ、または彼は残って、彼の弟の怒りを危険にさらすことができました。メロスは残って、何か良いことがあるかどうかを確かめることにしました。

スラシムは非常に聡明な少年だった。彼はとても頭が良く、とても賢い子でした。メロスが非常に聡明な少年であることを見抜き、スラシムはメロスを友達にしようとした。

スラシムはメロスを招待しました。

Photo by Eric Friedebach

メロスは激怒した。必ず、かの邪知暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮らしてきた。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。