掲載中の作品

彫刻家として有名な尾川宏による作品「鐸」。

日本の美術家、小川宏氏によるベルの彫刻。ベル」とは鈴のこと。作品を振ると涼しげな音がします。©iStockphoto.com/jdgwilson

鐘の彫刻の使い方

この彫刻には効果音がよく使われています。鐘、チャイム、ホイッスル、台座についているホイッスルなど、たくさんの音が彫刻に取り入れられています。

この彫刻では、鈴の音が聞こえてきます。彫刻を振ると音が変化します。効果音を彫刻に取り入れることで、より臨場感のある彫刻にすることができます。

効果音やゲームとの相性も抜群です。鈴は音でできているので、ゲームの効果音に使うことができます。

ベルの彫刻はゲームでも使用されています。ゲームショーのような効果音を伴うゲームや、音楽や効果音を使ったゲームをすることで、観客の注目を集めることができます。

ベルの彫刻に効果音をつけることができれば、効果音の話をするきっかけにもなります

Photo by Shook Photos

彫刻家として有名な尾川宏による作品「鐸」。鐸とは鈴のこと。作品を揺らしてみると涼やかな音色を奏でます。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。