掲載中の作品

学校

今まで以上に自分の肌に馴染むようになった男、坂中。

坂中は自分のことを、人の顔を見て興奮するような人間だとは思っていない。

(徳井)そうじゃないですよね (馬場園)そうですよね

(徳井)自分が女性に惹かれていることについては、とても率直に言っていましたよね。

自分は無性愛者だと言っていました

でも今は?自分の肌の感触で心臓の鼓動が激しくて、坂中は自分をコントロールするのがやっと。

来店してくれてよかったと思ってますよ 来てくれなかったら こんなに恥ずかしくて恥ずかしくてたまらなかったのに

(馬場園)まだバスローブ着てるし 水着の下に胸を隠してますよね まだ誰も中に入れようとしない

まだ誰ともキスするのを恐れている。

“一人で外を歩くのが怖い

拒絶を恐れている

(徳井)店員さんが帰ってきた時には もう 我慢できないんですよね (馬場園)そうですね

あたたかく迎えてくれるが、その笑顔は小さくて弱くて、坂中には理解できない。

彼は知らない人と一緒にいても平気な人ではない。今までもそうだった

Photo by SciFest Ireland

学校

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。