掲載中の作品

石畳は、「甃」とも「石甃」とも書き、石を用いた舗装のことである。

タイルでできている舗装面の平滑面とは対照的に、表面が荒れている舗装面をいう。(上記の「舗装」の項を参照)。

舗装」という言葉は、道路の舗装に使われていた石を指していた「板」という言葉に由来する。舗道とは、広葉樹や石の混合物から作られた舗装石の一種である。17世紀には、舗装用の石は通常石灰岩から作られていました。今日、道路の舗装に使用される最も一般的な石は花崗岩ですが、スレート、スレート凝灰岩、ドロマイトもあります。

舗装は、通常、石を1列に並べて幅1.5~2m程度の列を作り、その列の側面に石を敷き詰めていきます。列の側面には、車道が敷かれているように石を敷き詰め、その上に自分が通る順番に石を敷き詰め、一種の碁盤目状にしていきます。列の片側を歩いていると、立ち止まって敷石を外し、列の反対側に敷石を置いていきます。

歩道の中には、石を2層にして、1層は砂利や砂を敷き詰めた舗装をしているところもあります。

Photo by jimmywayne

石畳は、「甃」とも「石甃」とも書き、石を用いた舗装のことである。

石畳を施工しているところ(オスロにて)。サイコロ状の石をならべている。敷石が上から見て正方形に見える場合は、敷石を取り出してみるとサイコロ状になっていることが一般的。

材料となる敷石の山。サイコロ状のもので、施工すると上からは正方形に見えるもの。

上から見ると長方形に見える敷石。実は薄くはなく、横から見ると正方形に近く、石を取り出した形としては、2面がほぼ正方形の直方体(正四角柱)である。
石を畳のように一面に敷き詰めるので「石畳」と言う。大辞泉には「平らな敷石を敷き詰めた所」などと書いてあるが、この説明は誤解を生む可能性がある。「平らな石」というと、石が薄いかのような印象を生みがちであるが、近代・現代の欧州の街の歩道でよくある石畳では、用いている石は、サイコロ状の石である。よって「平らな敷石」と言うのではなく、たとえば「表面が平らな敷石を…」あるいは「表面が平面的になっている敷石を…」と説明するほうが誤解を生まないであろう。

一般に自然石を用いる。自然石の形状をあらかじめ加工したものを用意し、それを並べる。ごく稀に人造石を用いることもある。

主に道路、公共施設、公園、住宅の敷地内などに利用される。

なぜ石畳を用いるか、用いたか、と言うと、道の最も素朴な状態というのは、草地などを人や家畜などが頻繁に歩く結果として草が無くなっているところの筋が出来ている状態や、森や林の樹木を切り倒して人が歩ける状態にしたものであり、つまりは基本的に土などがむき出しの状態なのであるが、土そのままの道では雨が降るとぬかるんでしまい、歩行者も馬車も非常に苦労させられた。泥で足がとられたり、車輪が泥の中に沈みこんでしまい、進むことができなくなってしまうのである。石を敷き詰めることで、ぬかるむのを防ぐことができるようになり、雨天でも進むことができるようになったわけである。

初期の石畳は、自然石をほとんど加工せず用いたものが一般的であった。よって石の表面は平面的ではなく、丸みを帯びて盛り上がっていた。 やがて石をあらかじめ加工して、平らな面を作り、その平らな面を上になるようにして敷き詰めることが行われるようになった。そして、ヨーロッパの街などでは最初からサイコロ状の石を用意して、それを並べてゆく方法が一般的になった。

石畳の、アスファルトと比較した場合の長所のひとつは、石と石との間から雨水が地面に吸い込まれてゆくので、都市部などで水が溢れて洪水のようになったり、下水管に雨水が集中しすぎないことである。あとは、アスファルトに比べて、歴史を感じさせ、情緒あふれる景観となることである。歴史的なたたずまいを魅力として前面に出している都市では、道路も 現代風で味気ないアスファルトなどにしてしまうより 石畳にしておくほうがはるかに価値があり、大切な観光資源であり、より多くの観光客をひきつける。

石畳をアスファルトと比較した場合のデメリットは、自動車などの走行時の抵抗(広い意味での摩擦)が大きくなることであり、また自動車の走行時にタイヤと敷石が接する音が若干うるさい(「ポコポコ…」といった音がする)といったことである。 また、暴動の際に石畳を剥がし投石用の石として用いられることがあり、実際にパリの五月危機では、学生たちがデモで投石をするために多くの石を剥がして用いた。日本では恵比寿駅東口に用いられていた石畳が1960年の安保闘争の際に石畳の石が投石の石として使われることを懸念してアスファルトに塗り替えられた。

自動車と関係する話としては、以前はヨーロッパ車は、石畳上を走行することも多かったので、石畳の走行も十分に考慮してサスペンションの設計や味付け、タイヤの選択などがされている車種もかなりあった[要出典]。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。