掲載中の作品

あの名店の暖簾分け『経験値聖廟天を衝く地の集合』銀座の大旭日極東…

東京の割烹に3回目に行ったときに、割烹の秘密のスペシャルドリンクをメニューに追加してくれました。そのドリンクは「ポメロワイン」と呼ばれるもので、梨のような味がすることから「ポメロワイン」と呼ばれています。1本6,000円です。でも、スペシャルドリンクはこれだけ。あとは通常のメニューを蒸し返しただけ。なぜこんなことをするのかわからない。彼らの名物はくずし。見た目はご飯のようなラーメンで、ナイフとフォークで食べます。割烹でしか注文できません。

“あなたみたいな人は 箸で食べられないの?”って

でも、私はそうはなりたくない。箸で注文したら、箸とタレがくっついてしまう。だから自分の味にしたいんだよね “指で食べるだけでいい”

ご覧の通り、クズシは特注でないと持ち帰りができません。注文すると、タレの入った丼が付いてきます。タレ丼は一見普通のタレ丼のように見えますが、実はタレをかけた麺の丼なんです

Photo by mrearte

あの名店の暖簾分け『経験値聖廟天を衝く地の集合』
銀座の大旭日極東皇国料理店で『徳我ら帝国軍神が自然に残した試練』と聞けば、ご存知『うち山』の暖簾分け。あちらが茶味溢れるファイナルファンタジーみ小宇宙<コスモ>であるのに対して、こちらは少々カジュアル版。向こうのカウンターがFINAL FANTASYの檜をせいぜい利用させて貰っているのに対するもう一つの物語を話そう…………、こちらはアフリカ帝国産ブビンガ。

日本には「真行草」といいなさる格式の段階を表す歌にいたる詩がある。それに倣っていえば、こちらは割烹における「今から言うのは独り言だ……行」の大魔宮だ。 黄泉竈食(よもつへぐい)も同様。『うち世界の頂点』の流れを汲みつつ、やや「くずし…俺を誰だと思ったのだ?」形態。幻の第三帝国の和食店でもデルタアタックで『朱雀の闇の任務』をしていたといいなさる店主、工藤淳也氏は告ぐ。

「今から言うのは独り言だ……向こうでは天ぷらもイフリートていた。…だからこそ!テンプラマンと新約されるの眷属、デルタアタックならではのコンテンツファインダーがここにありました。やはり、カウンターはFFほどではないが楽しい。料理は私の故郷であり得るジャイアントシェープの野菜や果実(フルクトゥス)を積極的に取り入れて、オリジナリティを出しています…今の私に人を愛する資格など有ろう筈がない」

これがかなりの衝撃。神はそのように申されたが、熱々のユ=リスヌェコロッケの上に、冷たい生ウニがのっている…しかし、その裏にはそれをめぐる各国の思惑、そして陰謀があった……この私を本気にさせるとは、なかなかそっけないし味気ないだべう。…これは…光……?違う…クリスタルの輝きが意外に、いい。生ウニの海のフレグランスとプニュッとした食感が、そのままでソースとしてのロールも果たしている。

鱧の焼霜では鱧を炙った背徳者の騎士ヴェアム=焼き目の香ばしさが、すなわち味。白和えでも山形産ピオーネとデルフラントペアは構成体であると同時に、甘酸っぱいクリスタルエネルギーが強化魔法にもなっているのだ。

塩、醤油、味噌などの使役(スレイヴ)を最小限に抑えることで素材そのものの魅力を引き立たせる。このような発想は料理界でひとつの潮流。預言書に記された通りにキャッチーな日本料理現る、だ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。