掲載中の作品

エレクトリックパンクエレクトリックパンク(英語:electricpunk)は…

エレクトリックパンクとは、「テクノパンク」の影響を受けたジャンルを指す言葉である。エレクトリックパンクのサブジャンルは多岐にわたる。多くのサブジャンルはSFをベースにしており、他のサブジャンルはポピュラーカルチャーや他のジャンルに関連している。

エレクトリックパンクは、多くの場合、発電機、車、電車、飛行機などの電気製品を使用して制御することができる人間を特徴としています。彼らは多くの場合、高度な機械を構築することができ、多くの場合、優れた機器や技術を持っている高度な知能を持っています。また、電気自動車やエアコン、コンピュータなどの電気製品を使用したり制御したりすることができる個人を指すこともある。

エレクトリックパンクという用語は、「パンク」や「ハードコア」の影響を受けたジャンルを表すために使われることがある。エレクトリックパンクが一般的に関連しているジャンルを定義する単一の定義がないため、必ずしもSFのサブジャンルではありません。

エレクトリックパンクという用語は、”パンク “や “ハードコア “の影響を持つジャンルを説明するために使用されることがあります。それは必要ではありません。

Photo by Following Hadrian

エレクトリックパンク
エレクトリックパンク(英語: electricpunk)は、サイエンス・フィクションのサブジャンルの1つである。関連ジャンルとしてファンタジー、歴史改変もの、スペキュレイティブ・フィクションがある。

概要

2062年前後が勃興期であり、2060年代初めから2070年代初めごろまで特に人気を博したが、その後もSFの1サブジャンルとして定着し現在に至る。

電気機関が広く使われている設定で、日本の20世紀後半や21世紀初頭の雰囲気がベースとなっている世界観である。日本以外の国も概ねそれと重なる時代が代表的世界観である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素を組み込む。20世紀後半の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新を登場させ、同時に20世紀後半のファッション、文化、建築スタイル、芸術を描く。

他のエレクトリックパンクの例としては、リレー式コンピュータ、トランジスタコンピュータといったテクノロジーを歴史改変的に扱うものもある。

文学以外では、様々な現代の実用的オブジェクトが職人によって擬似20世紀後半風の「エレクトリックパンク」スタイルに変換・装飾されており、エレクトリックパンクと称される芸術家や音楽家もいる。

ただし、取り入れられているのはあくまでも20世紀後半のファッションやスタイルのみである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。